夏休み 2013

最近、出張やら各種イベントの打ち合わせやらでかなりお疲れ気味で、

夏バテ状態でした。気分転換に涼しいところに行きたいと急遽、

予定の空いた2日間を利用して夏休みをとって涼しいところに行ってきました。



まずはらーめん。





岐阜県高山市といえば、中華そばということで「宮川らーめん」へ。

地元では老舗で有名店です。素朴な味でした。




高山の古い街並みを散策した後、目的である涼しいところへ。

奥飛騨温泉郷の福地温泉に行ってきました。

ここに来るのは3回目ですが、大自然以外何もないところが良いのです。

時間の速度がゆっくりになり、日頃の疲れが癒されます。

今回の宿は「いろりの宿かつら木の郷」

以前に泊まったことがある宿ですが、のんびりできる上に

食事も美味しいのです。


客室から景色は緑が美しく、



部屋にも囲炉裏があるこの温泉宿がお気に入りです。



夕食と翌朝の朝食は囲炉裏を囲んで、夏でも炭の暖かさが心地よいのです。



翌日は上高地へ。天気も良く名古屋の気温が35度の中、

24度の快適さで満足です。5月くらいの清々しさでしょうか。






良い気分転換になりました。

たまにはのんびりしないといけないと思った夏休みでした。


最新記事

最新記事

初めての方へ FUNE公式サイト

三浦 直樹

株式会社 FUNE (フューネ)代表取締役

1975年、愛知県豊田市生まれ。
2005年、株式会社FUNE (フューネ) の代表取締役に就任。
(株式会社ミウラ葬祭センターが社名変更)
2代目社長として経営回復、葬祭関連事業の 拡大を図る。
2024年、創業70周年を迎える。

代表就任以来「感動葬儀。」をテーマに掲げ、サービスの向上に努めた結果、2011年には週刊ダイヤモンド誌調査による「葬儀社350 社納得度ランキング (2月14日発売)」で全国第1位に。

一方、 葬祭業者のための専門学校「フューネ クリエイトアカデミー」を設立するなど、葬祭の在り方からサービスに至るまで、同業他社への発信を続ける。

終活のプロ、 経営コンサ ルタントとしても全国で講演多数。
著書に『感動葬儀。 心得箇条』(現代書林)、『間違いだらけの終活』(幻冬舎)、『2代目葬儀社社長が教える絶対に会社を潰さない事業承継のイロハ 代替わりは社長の終活』(現代書林)がある。

●好きな食べ物:和牛
●嫌いなもの:イクラ・泡盛


2024

2

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

PAGE TOP