さよなら宮型霊柩車

2017年4月28日付ブログ記事「続・消えゆく宮型霊柩車」で告知した

とおり、平成15年6月から14年間運行をさせて頂いた宮型霊柩車が

いよいよお別れの時がやってきました。





いざ、お別れの時となるとこれまでの様々な想い出が思いだされてきて

悲しくなります。

14年の間毎日欠かさず手入れをしてくれたこの霊柩車はエンジンルーム

も含めてまだまだピカピカです。

しかしながら、立派な輿の部分の重量を支えてきたエアサスは14年の

歳月の中で限界になり、修理をしても完全には直らない状態です。

宮型霊柩車の需要が無くなってきた現在では、これ以上の延命も

難しいということでの廃車となりました。



道路交通法の改定により、今後はこのような車両は認可が下りない

ので、本当に消えゆく葬送遺産になっていくのでしょう。

さみしいお別れですが、未来にむけてまた新しいお客様に支持を

される霊柩車を導入していきたいと考えています。




最新記事

最新記事

初めての方へ FUNE公式サイト

三浦 直樹

株式会社 FUNE (フューネ)代表取締役

1975年、愛知県豊田市生まれ。
2005年、株式会社FUNE (フューネ) の代表取締役に就任。
(株式会社ミウラ葬祭センターが社名変更)
2代目社長として経営回復、葬祭関連事業の 拡大を図る。
2024年、創業70周年を迎える。

代表就任以来「感動葬儀。」をテーマに掲げ、サービスの向上に努めた結果、2011年には週刊ダイヤモンド誌調査による「葬儀社350 社納得度ランキング (2月14日発売)」で全国第1位に。

一方、 葬祭業者のための専門学校「フューネ クリエイトアカデミー」を設立するなど、葬祭の在り方からサービスに至るまで、同業他社への発信を続ける。

終活のプロ、 経営コンサ ルタントとしても全国で講演多数。
著書に『感動葬儀。 心得箇条』(現代書林)、『間違いだらけの終活』(幻冬舎)、『2代目葬儀社社長が教える絶対に会社を潰さない事業承継のイロハ 代替わりは社長の終活』(現代書林)がある。

●好きな食べ物:和牛
●嫌いなもの:イクラ・泡盛


2024

2

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

PAGE TOP