トヨタ車しかない現実に

フューネグループの車輛部門である

「ゼロナイントヨタ有限会社」では先日、

ベンツの宮型霊柩車を廃車しました。

くわしくはコチラ↓
http://fune.boo-log.com/e409231.html


狙ったわけでもなく、結果的にそうなったのですが、

所有する霊柩車のすべてが「トヨタ自動車製」の車に

なってしまいました。

ゼロナイントヨタ有限会社の霊柩車一覧です。↓
http://zero-nine.jp/reikyuu/car-lineup.html




ベンツやボルボの霊柩車もありましたが、これで外国製の車をベースに

した霊柩車が一台も無くなりました。

ご承知のように、愛知県豊田市はクルマの街と言われており、

トヨタ車のシェアが8割を超えるというトヨタ自動車の

企業城下町です。

普段はトヨタ車に乗っているお客様が、最後に憧れる外国車製の

高級車を揃えておいて、最期に乗って頂けるサービスを提供しようと

ゼロナイントヨタ有限会社を設立した平成15年からずっと外国車の

霊柩車を所有していました。




トヨタ車ばかりになってしまった理由はもちろん、地元でのトヨタ車

の人気はあります。

ですが、それ以上の理由があります。

「壊れない」のです。

特に10年を超えてきた時に高級外国車との強さが違うのです。

通常、私たちがマイカーとして使用する車は10年も所有することは

ほとんどないのですが、営業車であると10年以上の耐久性は

要求します。

古くても毎日ちゃんと整備をすれば、ずっと異常のない状態で

乗れることは車輛を運行する会社としてはとても重要な要素です。




「壊れない」

というトヨタ車の凄さはやはり、郷土の誇りでもあるのです。

ゼロナイントヨタ有限会社は当面の間、所有する車両はすべて

トヨタ自動車製としていきます。





最新記事

最新記事

初めての方へ FUNE公式サイト

三浦 直樹

株式会社 FUNE (フューネ)代表取締役

1975年、愛知県豊田市生まれ。
2005年、株式会社FUNE (フューネ) の代表取締役に就任。
(株式会社ミウラ葬祭センターが社名変更)
2代目社長として経営回復、葬祭関連事業の 拡大を図る。
2024年、創業70周年を迎える。

代表就任以来「感動葬儀。」をテーマに掲げ、サービスの向上に努めた結果、2011年には週刊ダイヤモンド誌調査による「葬儀社350 社納得度ランキング (2月14日発売)」で全国第1位に。

一方、 葬祭業者のための専門学校「フューネ クリエイトアカデミー」を設立するなど、葬祭の在り方からサービスに至るまで、同業他社への発信を続ける。

終活のプロ、 経営コンサ ルタントとしても全国で講演多数。
著書に『感動葬儀。 心得箇条』(現代書林)、『間違いだらけの終活』(幻冬舎)、『2代目葬儀社社長が教える絶対に会社を潰さない事業承継のイロハ 代替わりは社長の終活』(現代書林)がある。

●好きな食べ物:和牛
●嫌いなもの:イクラ・泡盛


2024

2

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

PAGE TOP