三浦生花店

フューネは冠婚葬祭業ですが、もともとは「三浦生花店」という

小さな花屋でした。

その歴史は古く私のひいおばあちゃんが始めたのが花屋さんだったのです。

花屋としては豊田では2番目の歴史があるそうです。

当時、本業の農業の傍ら切花を仕入れてそれを売るという

本当に細々とした商いでした。

昭和40年頃には今の名古屋銀行豊田営業部(豊田市喜多町)の隣に店舗を構え、

昭和50年頃には駅前通りにあったスーパー長崎屋の1階入り口脇に出店し、

さらに三好町の役場近くにも支店を出していました。

私は花屋としては四代目になります。

フューネの創業者である会長が大学に通いながら、家業の花屋を手伝い

これからの将来を考えた時、

いつか花を売っているだけでは家業がダメになってしまう

ということで、お花を売る傍らお葬式を施行するようになったのが

フューネのルーツです。当時は三浦生花店の葬祭部だったのです。

規模の違いこそあれど、豊田自動織機の自動車部だったトヨタ自動車と

よく似た経歴を持つ新規事業参入だったのです。

フューネの「感動葬儀。」を構成する花飾りは花屋出身の葬儀社として

どこにも負けないよう頑張っていかねばと考えています。

現在「三浦生花店」はフューネのグループ会社のひとつとして


 
有限会社「花一」と名前を変え、存続しています。

本店は豊田市下市場町で豊田市大林町に支店があります。

お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください。





最新記事

最新記事

初めての方へ FUNE公式サイト

三浦 直樹

株式会社 FUNE (フューネ)代表取締役

1975年、愛知県豊田市生まれ。
2005年、株式会社FUNE (フューネ) の代表取締役に就任。
(株式会社ミウラ葬祭センターが社名変更)
2代目社長として経営回復、葬祭関連事業の 拡大を図る。
2024年、創業70周年を迎える。

代表就任以来「感動葬儀。」をテーマに掲げ、サービスの向上に努めた結果、2011年には週刊ダイヤモンド誌調査による「葬儀社350 社納得度ランキング (2月14日発売)」で全国第1位に。

一方、 葬祭業者のための専門学校「フューネ クリエイトアカデミー」を設立するなど、葬祭の在り方からサービスに至るまで、同業他社への発信を続ける。

終活のプロ、 経営コンサ ルタントとしても全国で講演多数。
著書に『感動葬儀。 心得箇条』(現代書林)、『間違いだらけの終活』(幻冬舎)、『2代目葬儀社社長が教える絶対に会社を潰さない事業承継のイロハ 代替わりは社長の終活』(現代書林)がある。

●好きな食べ物:和牛
●嫌いなもの:イクラ・泡盛


2024

4

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

PAGE TOP