京都旅行 2015

高校時代からの友人2名と私の3人で先日、京都に行ってきました。

昨年も一昨年も行ったのですが、日頃は忙しくてなかなか日程が

合わないのと、大人の修学旅行が毎年の楽しみになってきている

為に、この時期に合わせて行っています。

みんな歴史が好きで、寺院仏閣めぐりは大好きなメンバーです。


今回最初に行った場所は清水寺

なんとまぁベタな観光地だと思ったのですが、







これまでに何度も行っている清水に私の知らないところに連れって

くれました。

塔頭寺院である随求堂(ずいぐどう)には、お堂の下を大随求菩薩の

胎内に見立てた、胎内めぐりが体感できます。

真っ暗の中を、壁に巡らされた数珠を頼りに進み、この菩薩を象徴する

梵字(ハラ)が刻まれた随求石を廻して深く祈り、再び暗闇の中を

たどってお堂の上に戻ってくるというもの。

平成12年(2000)に開設以来、参詣者の人気を集めているそうなん

ですが、穴場でした。実際に入ってみると本当に真っ暗でとても

スリリングな体験を味わうことができました。




晩御飯は夏の京都の風物詩「川床」とすき焼きの名店「モリタ屋」での

すき焼き。







名物を一緒に味わうことの出来る場所でした。


翌日は今宮神社東門前にあるあぶり餅

2軒のお店があり、(かざり屋と一和)

かざり屋さんは、創業から約400年。

一和さんは1,000年、平安中期の創業だという超老舗店です。

ここは初めて行ったのですが、本当に美味いお餅でした。

多くの歴史上の人物も食べたというこのお餅は京都を代表する

お餅だそうです。









その他、

東福寺伏見稲荷にも足を延ばしてきました。



紅葉の時期の以外の東福寺は初めてであり、青紅葉の美しさも

知りました。



伏見稲荷は意外や意外、初めて行った場所ででした。

おそらく、生まれてから100回は京都に行っていると思いますが、

まだまだ行ったことの無い場所がたくさんあるものです。






最新記事

最新記事

初めての方へ FUNE公式サイト

三浦 直樹

株式会社 FUNE (フューネ)代表取締役

1975年、愛知県豊田市生まれ。
2005年、株式会社FUNE (フューネ) の代表取締役に就任。
(株式会社ミウラ葬祭センターが社名変更)
2代目社長として経営回復、葬祭関連事業の 拡大を図る。
2024年、創業70周年を迎える。

代表就任以来「感動葬儀。」をテーマに掲げ、サービスの向上に努めた結果、2011年には週刊ダイヤモンド誌調査による「葬儀社350 社納得度ランキング (2月14日発売)」で全国第1位に。

一方、 葬祭業者のための専門学校「フューネ クリエイトアカデミー」を設立するなど、葬祭の在り方からサービスに至るまで、同業他社への発信を続ける。

終活のプロ、 経営コンサ ルタントとしても全国で講演多数。
著書に『感動葬儀。 心得箇条』(現代書林)、『間違いだらけの終活』(幻冬舎)、『2代目葬儀社社長が教える絶対に会社を潰さない事業承継のイロハ 代替わりは社長の終活』(現代書林)がある。

●好きな食べ物:和牛
●嫌いなもの:イクラ・泡盛


2024

7

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

PAGE TOP