お葬式

諸説ありますが、霊柩車の出棺のクラクションは、一番鶏(にわとり)の鳴き声の代わりと言われています。
鶏の鳴き声は、夜の世界から朝の世界へと人々を導き、闇を払う力を持つと信じられてきました。
ですから昔は、通夜が終わり、朝一番の鶏の鳴き声とともに野辺の送りを行い、戻ってきてからお葬式をしていました。
しかし、現代では早朝に出棺はできませんし(火葬場が開いてない)、歩いても行けません。ですから霊柩車が一番鶏の代わりにクラクションを鳴らしているのです。


会館見学・ご相談・お問い合わせはこちらから