生前準備のススメ

立つ鳥 あとを濁さず 生前準備のススメ[費用編]

お葬式費用の事前準備は気が引ける・・・


「お葬式の費用の準備なんて、考えるのは縁起でも無い。」
とお思いの方もいらっしゃると思います。

しかし、「立つ鳥 あとを濁さず」と
考える方もいらっしゃいます。
(引き際は美しくあるべきという意味のことわざです。)

フューネのお客様でも
「残された家族に、よけいな気をつかわせたくない。
特にお金のことで迷惑をかけたくない。
と、思われている方が多くいらっしゃいます。


お葬式の費用は「急な出費」になることが多い


お葬式の費用は「急な出費」になることが多く、ある程度のお金が必要となります。
ただでさえお通夜・お葬式の準備で忙しい「残されたあなたの家族」にとって、お葬式費用の
準備はさらに負担となるでしょう。
費用の金額は、規模や内容によって20万円~150万円と様々です。
特に多くの人出が予想される式の場合、必然的に規模も大きくなります。


想像してみると・・・


お葬式費用を準備していない場合


  • 時間的にも精神的にも余裕が無いため、お葬式がドタバタしてしまう
  • 本来なら悲しみを受け止める期間であるはずなのに、お金の心配がつきまとう
  • 故人を想う余り、お葬式の費用をかけすぎてしまう
  • 相続の問題にも及んでしまう

お葬式の費用を準備している場合


  • 家族がバタバタしないで、しっかりとお葬式が進む
  • 家族が、お金のことで困らないため、全うに悲しみを受け止める時間を作ることができる
  • 自分の要望(お葬式の規模など)をお葬式の費用として残すことができる
  • 意図しない費用のかかりすぎを防ぐことができる

お葬式費用を準備するための
仕組みがあります


お葬式の費用は、単にお金を用意すれば十分とは言えません

例えば、費用を銀行に貯蓄している場合、遺族がスムーズに引き出せるとは限りま
せん。 ※念書、領収書などが必要になる場合があります
そこで、お葬式の費用として通常の貯蓄とは別にお金を用意する仕組みをおすすめします。


全国ナンバーワンの葬儀会社フューネが
ご提供できる「お葬式の費用の準備」


フューネは全国の葬儀会社350社の内、
葬儀の「納得度ランキング」で1位を
獲得させていただきました。

雑誌「週間ダイヤモンド」調べ(平成23年)

雑誌では「予算を守りつつ提案は盛りだくさん」と
評していただきました。
お葬式の費用の準備においても、お客様の目線で次のものがご提供できます。


フューネがご提供できる
お葬式の費用の準備 3種類


葬儀費用信託「安信託葬(あんしんたくそう)」
心配を家族にかけさせないために使用用途をお葬式に限定する方法です。

少額短期保険
「葬祭費用 千の風」
使用用途をお葬式に限定できる少額の保険です。

終身保険



生命保険会社を活用した長期の保険です。
(引受保険会社:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命


詳しくは丁寧にご説明いたします。


お問い合わせいただければ、葬儀ディレクター+保険の資格を持つ専任スタッフが対応いたします。
お電話:0565-35-3535
24時間いつでもご連絡ください。

会館見学も事前にしておきましょう

葬儀会館もいくつか事前に見ておくことで、いざというときに自分または家族のお葬式のイメージが具体的になります。
また葬儀会館と一口で言っても、葬儀社や会館によって特長は様々です。

フューネではお客様に気軽に見学していただけるよう、直営会館全てに支配人がおり、無料見学の際にご案内しております。
豊田・みよしに10ある会館は全て異なるコンセプトとなっております。
外観からでは分からない、実際の中の造りや雰囲気、設備を実際にご覧ください。

生前準備のススメ(会館編)へ


ご相談・無料御見積はこちら

24時間 365日 年中無休

葬儀のご依頼 / 事前相談

0565-35-3535

ご不明な点や気になる事をお気軽にお問合せください。