お葬式

火葬料は生活保護受給者の全員が、所轄の自治体に申請することで減免対象となります。
葬儀費用に関しては必ずしも支給されるとは限りませんが、自治体から葬儀費用が支給される「葬祭扶助制度」というものが用意されています。
この制度を利用するには、葬儀を行う前に所轄の自治体に申請することが必要です。
申請が可能となるのは下のどちらかの条件を満たす必要があります。

  1. 葬儀を執り行う施主(扶養義務者)が生活保護受給者で生活に困窮している場合。
  2. 故人が生活保護受給者で遺族以外が葬儀の手配をする場合。

※ご不明な点は、各自治区へお問い合わせください。


会館見学・ご相談・お問い合わせはこちらから