お葬式

穢れを祓い、身を清めるためです。
本来、仏式では死を穢れとして扱わないため、清めの塩は必要ありません。
清めの塩は、もともと神道で用いられる儀式でした。昔の日本では神道信者が多かったからでしょう。悪いものを祓うために塩で身体を清めるその行為だけが、宗派に関係なく伝わり「葬儀=清めの塩が必要」だと信じられています。


会館見学・ご相談・お問い合わせはこちらから