お葬式

『葬儀』とは、
故人の冥福を祈り、成仏することを願って遺族や近親者が営む儀式です。また、仏教においても、故人が仏道を修めるために、仏弟子として戒律を授けられる授戒の儀式のため、大切な儀式の一つとなっています。

一方、『告別式』は、
故人の友人や知人が故人と最後のお別れをする儀式です。本来は葬儀に続いて会葬者全員で、遺骨を墓地に埋葬する前に行う儀式でしたが、最近では、一般の会葬者全員が火葬場まで行くことがなくなったために、会葬者の焼香を中心に行われるようになりました。

このように葬儀と告別式はまったく違った意味を持つ儀式のため葬儀が終わると僧侶はいったん控え室に戻り、あらためて入堂して告別式を行うのが正式の形です。

しかし現在では 大規模な葬儀以外では、葬儀と告別式を同時に行うことが多くなってきています。


会館見学・ご相談・お問い合わせはこちらから