採用情報

お客様サービス部 お客様相談室室長 竹川圭


「すべてはお客様のために」
100人いれば100通りのお別れの仕方があるべき。
常にお客様目線で考えます。


若い頃はいわゆる“ヤンチャ“だった。
親には人並み以上に迷惑をかけてきた。

18歳で初めて社会に出たが、最初は失敗の連続。
考えてみれば、これまでまともに勉強をせず、敬語もろくに話せなかった自分は社会不適合者なのか…と、初めて挫折感を味わった。
しかし挫折を経験したことにより、その先にある、明るく大きな『社会』という世界があることに気付いた彼は、「いまの自分はとても小さい男だ。ちっぽけなプライドは捨て、変わらなければ先に進めない」と、一念発起し、努力を重ねた。

ここが彼の本当の社会人としてのスタートラインだった。

辿り着いた先にあったもの

竹川氏はこれまで様々な業種を転々としてきたが、それらは全てサービス業だ。
そんな彼が、葬儀社であるフューネに辿り着いたのは2004年のこと。
なぜサービス業ばかりなのか尋ねると、「人と接するのが好きだから。いろんな人に出会いたいんだよね」と笑顔で答えた。

そんな彼の喜びは、お客様の笑顔や「ありがとう」という言葉よりも、「お客様と心が繋がった瞬間」なのだとか。最初は糸のように細く、頼りない繋がりが、『命綱』になりえるくらい太く繋がったとき、葬儀を通してお客様との『絆​』が生まれる。そのような繋がりをいちばん大事にしたいというのだ。

更なる高みを目指して

そんな彼の現在の仕事ぶりは、お客様と向き合う姿勢が評価され、概ね高評価。
「ぜひうちの葬儀の担当をしてくれ」と指名をいただくこともある。

葬儀の打ち合わせをするときは、お客様との距離が縮むまで、決してペンも見積書も取り出さない。心が落ち着かない、疲労していると判断すれば、打ち合わせを無理に進めず切り上げるなど、“お客様第一主義”を徹底している。

「葬儀は人生に一度しかない。失敗は許されない。そして、お客様が大切な方との別れを受け入れ、新たな一歩を踏み出だせるようにするのが自分の使命だと思っているし、葬儀とはそうあるべきだ」と、「提供する商品は有料だが、私の気持ちはプライスレス。自分にできることは全部やりたい」が彼の信条だ。

以前に彼が“葬儀社は医者と同じ”と言っていたことを思い出した。
悲しみという非日常から日常に戻す。それは病気の人を健康にするのと同じだと。“医者”とは言い得て妙だ。

お客様サービス部 会館運営管理室 FUNE葬祭殿マネージャー 早川潤一

入社13年目となる彼は現在38歳(2019年4月現在)。
フューネが初めて建てた葬儀会館であり、最も重要な拠点である「葬場殿」のマネージャーを務めている。


学生時代は富山県にある大学に通いつつ、アルバイトとして働き始めたのはホテル業界。

大学を出たあとはそのまま正社員として入社。アルバイト時代を含めおよそ6年半の間、ホテルウェディングを通して結婚式の仕事に携わっていた。

そんな彼と葬祭業との出会いは祖母の葬儀。彼はそこで葬儀の仕事の尊さを知ったと教えてくれた。

「冠婚」「葬祭」は表裏一体

喜びと悲しみの感情こそ違えど、冠婚葬祭は表裏一体。”白無垢”と”死装束”がイコールであるように、今まで結婚式を通して培ってきた知識や技術に共通点がある。違いがあるとすれば”結婚式”は何度しても良いが”葬儀”はやり直しがきかない。一度きりの祖母とのお別れを取り仕切っている葬儀スタッフの対応に、畏敬の念を抱いたという。

それからまもなくして葬儀社のフューネに転職を決めた。

人と人との繋がりを大切に

あなたの周りに”義理人情に厚い人”はいるだろうか。約束は必ず守り、周囲への感謝を忘れない。だから皆から信頼され、その人の周辺にはいつも人が集まる。彼もその一人である。

「感謝の気持ちを伝えるのは葬儀も同じですよね。残された家族が故人に感謝の気持ちを伝える最後の場所。どれだけ時代が変遷しても冠婚葬祭は変わりません。しかし最近はどちらも簡素化が進み、思いを伝える場所や機会が減っている」と、昨今の冠婚葬祭事情を危惧している。

葬儀に関しては前述の通り、やり直すことができないので「喪主になられる方には生前からきちんと話し合い、考えておいてほしい」と語る表情はとても真剣だ。

仕事も家庭も頑張ります!

葬場殿のマネージャーであるとともに、全ての葬儀会館の統括も兼任している。
「全ての葬儀に目を配るためには仲間たちとの支え合いの精神は忘れてはいけない」と、仕事においても義理堅い。

3年前には一児の父に。
「人は一人では生きていけない。誰かが必ず支えてくれている。自分が親になって、さらに両親への感謝の想いが強くなった」という。
彼の瞳は仕事と家庭、そのどちらの将来も見据え、やる気と気合に満ち溢れている。

そうそうの森フューネさなげ 支配人 井上 眞弓


平成26年秋。
そうそうの森フューネさなげがオープンしてから2年が経ちます。彼女にとってこの季節は嬉しくもあり、そしてつらく悲しい季節でもありました。

なぜなら・・・


新たなスタート、そして…


それは、彼女が支配人に就任した2年前のことです。

もともと商品部の社員としてフューネのグループ会社へ13年前に入社。それから現在に至るまで、彼女は様々な業務に励み、そしていまでは一つの会館を任せられるまでに成長を遂げました。

新しい葬儀会館の支配人という、彼女にとってこれから新たなスタートを切ろうとしていた矢先に、ご主人を病で亡くし、天国へ見送らなければならなかったのです。また、何の巡り合わせなのか…自分の任された葬儀会館での初めてのお客様がご主人だったのです。

夫との別れを乗り越えて

そうそうの森フューネさなげの初めてのお葬式を、支配人としてではなく妻として参列した彼女。

別れを通して「家族を失うつらさは、実際に経験しなければ本当の意味で理解することはできませんでした。また、自分を支えてくださる多くの人の優しさに気がつくきっかけを与えてくれました」と語り、「お葬式は“大切な人を送る”だけの儀式ではありません。遺された家族の心を癒すのも、私たちの使命なのです。家族の死を受け止め、受け入れ、そして一歩前に踏み出すお手伝いをすることがどれだけ大切なことであるかを、夫が教えてくれました」と今度は自分がその役目を果たしたいと思い、支配人という立場で最愛の人を亡くしたご家族と真摯に向きあっています。しかし彼女に本当の笑顔は戻っていませんでした。

その2年後…。

「あなたが天国に旅立ってから、もうずいぶん経ちましたね。そちらでは、先に天国へ行かれたお父さんとお母さんに逢えましたか?私はあなたを亡くしたけれど、私のそばには子どもたちをはじめ、支えてくれる人がいっぱいいます。そして健康で、仕事もあります。私は本当に幸せ者です。だから安心して天国で待っていてください。」と、今では笑顔で話せるほどに立ち直ることができました。彼女が座る机の引き出しには、今でもご主人のお葬式の写真が入っています。


ご相談・無料御見積はこちら

24時間 365日 年中無休

葬儀のご依頼 / 事前相談

0565-35-3535

ご不明な点や気になる事をお気軽にお問合せください。